ホームログインカート

福島市にある自家焙煎コーヒー豆屋 〜ろーたす〜(lotus 珈琲豆)

自家焙煎コーヒー豆屋〜ろーたす〜
トップページ マイアカウント お問い合わせ プライバシーポリシー お支払い方法について 配達方法・送料について 特定商取引法に基づく表記(返品など) カートを見る
メンバー
ログイン
はじめてのお客様へ
新規会員登録
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れすじ商品
ショッピングカート
カートを見る・レジに進む
店長プロフィール

katsuyuki hikichi
〜味作り名人のお店〜 「生活コーヒー」=「煎りたて・挽きたて・淹れたて」。生活に欠かす事の出来ない「生鮮食品」が珈琲です。本当の香り漂う「煎りたて新鮮豆」を「卸値価格」で提供しています。
メールマガジン
ホーム コーヒー豆 ストレート豆
商品名:パプアニューギニア


パプアニューギニア 〜プローサ〜

〜 山岳有機農業組合(HOAC) 〜

当店、人気上位の豆が今年も登場!!!
Highlands Organic Agriculture Co-operative (HOAC) が所有する農園、
「オーストラリアNASAA有機認証」です。
1930年代にジャマイカ、ケニア、タンザニアなどからコーヒーの種子が持ち込まれました。1950年代に入り本格的な栽培が行われるようになりました。組合が上手く起動しなかったために、入荷しても質に問題があり、なかなかなか安定しませんでした…。ようやく体制が整って質の良い物を潤沢にお届けできるようになりました。プローサは、ニューギニア本島、東部ハイランド州のゴロカかから60K程度南西の地にあります。1983年以来、そこはプランテーションコーヒーが着実に育成されてきた地域で、栽培面積87,000ヘクタールあり、その大部分は高地で暮らす自給農業の零細農家によるものです。生産者は3つのカテゴリーに分けられます。年間 700〜1000キロの収穫量しかない5ヘクタール未満の零細農家(スモールホルダー)72%。5〜50ヘクタールの中規模農園(ブロックホルダー)4%。平均300ヘクタールの農園を所有し精製設備を完備している大農園(プランテーション)24%。生産量のほぼ全量が輸出されます。主な栽培品種は「ティピカやブルボン、アルーシャ」が植えられています。処理ステーションには中央水処理工場があってハンドピックされたプランテーションのチェリーコーヒーがパルピングで果肉を除去され、パーチメント段階まで処理されます。パーチメントは広大な場所で天日乾燥された上、乾燥プロセス工場で輸出できる状態のグリーンビーンズに仕上げられます。極楽鳥の鳴くプローサの森の香味です。


★挽き方:粗挽き 
★中煎り:抽出時間:2分半〜3分以内:お湯温度:90℃
★深煎り:抽出時間:3分〜3分半:お湯温度:90℃以下〜85℃


■生産国・地域 パプアニューギニア 東部山岳州オカパ地区
■農園名   山岳有機農業組合(HOAC)
■スクリーン 18アップ  
■標高 1500m -1600m
■品種 ティピカ種 ブルボン種 アルーシャ種
■認証 オーストラリア有機認証(NASAA)
■精製過程 フルウォッシュド、天日乾燥及び機械乾燥、
      農園面積115ヘクタール、栽培本数60万本
■クロップ 2016/2017  
■船積み 2017年2月



★購入数について

100g 〜 購入数量「1」となります。

例)500g購入の場合は、購入数量を「5」となります。

※数量に誤りの無いよう、再度ご確認下さいませ。

※梱包は、ご注文数量に合わせて、当店で判断して梱包いたします。
(梱包の小分けなど、ご要望がある際は「備考欄」へ記載下さいませ)
 中煎り;シティロースト深煎り;フルシティロースト
豆のまま
粗挽き
中挽き
細挽き

販売価格: 650円(税込)
購入数:
最近チェックした商品
特定商取引法に基づく表記 (返品など)支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシーお問い合わせ このページの先頭へ
Copyright © 2014 LOTUS COFFEE All Rights Reserved.