ホームログインカート

福島市にある自家焙煎コーヒー豆屋 〜ろーたす〜(lotus 珈琲豆)

自家焙煎コーヒー豆屋〜ろーたす〜
トップページ マイアカウント お問い合わせ プライバシーポリシー お支払い方法について 配達方法・送料について 特定商取引法に基づく表記(返品など) カートを見る
メンバー
ログイン
はじめてのお客様へ
新規会員登録
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れすじ商品
ショッピングカート
カートを見る・レジに進む
店長プロフィール

katsuyuki hikichi
〜味作り名人のお店〜 「生活コーヒー」=「煎りたて・挽きたて・淹れたて」。生活に欠かす事の出来ない「生鮮食品」が珈琲です。本当の香り漂う「煎りたて新鮮豆」を「卸値価格」で提供しています。
メールマガジン

豆の煎り方(6段階)

コーヒー豆の味は、酸味・苦味・コク・甘味・香味(風味)の5つのバランスから、一つの味が形成されています。
例えば、モカは酸味があってサッパリしているとか、ブルマンは癖が無くて美味しい、飲みやすいとか…、皆さんは国の名前や銘柄などで、味の確定をしていませんか……?
それは間違いです。味の違いは、焙煎度合いの違いなのです。
焙煎度合いは20世紀初頭にアメリカで基準作りされたものを参考に、その後世界共通の基準として使用されています。よって、豆選びは『焙煎の度合い』から自分好みの豆を見つけることから始めてください。

でも、どうしても何を選んだらいいのか?悩んでしまったら「店主おまかせ」をお選び下さい。


ミディアムロースト
酸味中心、苦味・コクは弱い。アメリカンタイプのコーヒー


ハイロースト
ローストからコク・甘味が出始めますが酸味の方がまだ強く出ています。
昭和50年代のカフェブーム時代によく、登場した焙煎度合いです。
シティロースト
コク・甘味がしっかり感じられて香りも強くなります。
苦味もしっかりしてきて、コク・甘味が前面に出て酸味が少なくなります。


フルシティロースト
コク・風味もしっかりと出てきます。
美味しさとしてはピーク。甘味が損なわれる手前で強く全面に出されるポイントで、酸味は殆ど感じられなくなりますが、実際は隠れています。香ばしい苦味の美味しさのピークと言って良いでしょう
フレッチロースト
酸味の世界からコク・甘味・苦味が一つの味になり、コクと苦味の世界になります。場合によっては、コクが重厚感を持ち素晴らしいコク・甘味を体験できます。クロロゲン酸による酸味の雑味から開放され、抽出方法から来るエグミなどの欠点は出にくくなります。



イタリアンロースト
苦味・コクの極みです。香りはスモーク臭、酸味は姿を消しています。
苦味は極みで、コク・甘味は少なくなり、コクの極みです。


※上記、6段階の煎り方の他に「ライトロースト、シナモンロースト」の2つの浅煎りがありますが、どちらも未完成な味のため当店では扱いがありません。
コーヒー豆は鮮度が命

最近チェックした商品
特定商取引法に基づく表記 (返品など)支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシーお問い合わせ このページの先頭へ
Copyright © 2014 LOTUS COFFEE All Rights Reserved.